top of page

出張商品撮影“ブツ撮り”やってきました。


今回は、八丈町おじゃれホールの控室をお借りし、

さまざまな商品の撮影に挑戦しました。 10cm程度の小さなアクセサリーから、

100cmを超えるの大きなブツまで。


ご協力いただいたのは、

八丈島でプログラマー夫婦のおふたり。



八丈町おじゃれホールの控室は、落ち着いた雰囲気と広々としたスペースがあり、商品を美しく撮影するのに最適な環境でした。 今回は控室3?でしたが、他の控室では外光が入らないので、

より最適な環境です。


撮影前には、撮影する商品の特徴や売りどころをしっかりと把握し、

その魅力を最大限に引き出せるように心掛けました。


撮影では、ライティングやアングル、など細部にまでこだわり、

商品の質感やデザインを伝える写真を撮影しました。

商品撮影は、商品を売り込む上で非常に重要な要素です。お客様が商品の魅力を的確に伝わるような写真を提供することで、購買意欲を高めることができます。今回の出張商品撮影では、その点にしっかりと焦点を当て、クライアント様の商品がより魅力的に映るよう努めました。


8年前の商品撮影では、

重たいジェネを持ち運ばねばならず、出張はとてもハードでした。

ここ数年でLEDの演色性も向上し、ストロボ光と差がなくなってきましたので、

基本的にLEDライティングにて撮影をしています。



これまで、八丈島での商品撮影は、

・島酒

・カフェドリンク

・スイーツ

・パッケージアイテム

・寿司

などを承らせていただきました。



 





閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page